トレドの必見ポイントは2つ!

マドリッド観光にもそろそろ飽きてきたし、どこか他も見てみたい。そんな方におすすめなのがトレドです。1561年に、マドリットに首都の座は移りましたが、実はそれまでは、トレドこそがスペインの都だったのです。特に旧市街は16世紀の面影を今なお多く残しており、世界遺産にも登録されています。ちなみに場所は、マドリットの南70kmほどの所。高速列車を使えば、35分ほどで行けます。 必見ポイントは2つ。一つ目は、大聖堂です。もちろん単なる大聖堂ではありません。スペインにおけるカトリックの総本山なのです。そしてもう一つは、「エル・グレコの家」です。宗教画家の巨匠エル・グレコが、その後半生を過ごした家やアトリアの状況が再現されているだけでなく、併設の美術館まで設けられています。

トレドの旧市街の歩き方

旧市街の散策はソコドベール広場から始まります。実際、ツアーであれ、駅からのタクシーであれ、この広場で降りることになるからです。おおまかな道順としては、大聖堂を見学して、エル・グレコの家を見て、そして戻ってくるという感じになります。ただし、エル・グレコの家とは1kmほどの距離しかありませんので、その分、寄り道をしながらのんびりと散策することが可能です。 寄り道する場所としては、アルカサル(城砦)を活用した軍事博物館が人気ですし、エル・グレコが好きということであれば、大聖堂にある『聖衣剥奪』を始め、町のいたるところで彼の絵を見ることができます。 また、ソコトレンという乗り物に乗れば、観光スポットをざっと見て回ることもできます。所要時間は約50分。ソコドベール広場発ですが、一周するのみで途中下車はできません。 マドリットからの日帰りツアーなどを活用して、ぜひ一度訪ねてみることをおすすめします。