ラスベガスでカジノを楽しむ際のマナー

カジノで知られるラスベガスは多くのホテルの1階がカジノとなっており、気軽に楽しむことができます。カジノになじみがない日本人観光客であっても、郷に入れば郷に従えでマナーと節度を守ってプレーを楽しむことが重要です。まず最初にカジノは21歳からとなっており、若く見られる日本人はパスポートの提示を求められることが多い為、常に携帯しておく必要があります。次に、観光客がついついやってしまいがちな写真撮影は禁止されています。そして、ブラックジャックやルーレットなど2列に並んでいる台の間は通ってはいけない決まりとなっているため注意が必要です。また、カジノを楽しんでいると笑顔でドリンクを提供してくれます。このドリンクは無料となってはいるものの、運んできてくれたウェートレスさんへのチップを忘れないことが重要です。

ラスベガスのエンターテイメントを楽しもう

ラスベガスには様々なエンターテイメントがあり、中にはホテルが提供するサーカスやショー、絶景アトラクションもあります。無料のショーや予約が必須なものまで幅広く取り揃えられており、好みのものを選択することが可能です。このショーを存分に楽しむためにはいくつかポイントがあります。まず最初にホテルのロビーでは無料の情報誌が備えられており、最新の情報を入手することが重要です。次に予約では英語力を必要とする電話やウェブ予約の他、ホテルのオフィスでも予約を受け付けており、実際に座席表を見ながら予約することができるため言葉に不安がある人におすすめです。最後に服装に関してはあまり神経質になる必要がなく、ショーの演目や雰囲気に合わせて鑑賞するのがベストとなっています。